企業の新卒採用の意義

企業は永続的に経営を続けるために人材を確保します。


そのためにも新卒採用を行います。

新卒採用を行うと、企業内で教育を行い人材育成を行うことになります。


新卒者はまだなにもわからない状態で企業に入ってきます。

DYMでは、委員会制度も活発で会社を各委員会の活動内容に基づき社員一丸となって活動しています。

企業はすぐに成果を求めるわけではありません、まずは自社はなにをするべきなのか経営理念や顧客のためになにをするべきなのか商品やサービスといった付加価値を高めるための方法をじっくりと考えさせて育てるということができます。



また新卒採用をすることで先輩たちの意識も変わってきます。

DYMでは質とスピードの両方を満たせるよう日々研鑽しています。

先輩と後輩という上下関係の中で後輩を育てる、先輩をうやまうといった人に対するマネジメントを行うことができるようになるのです。社内の縦のつながりや横のつながりに対して社内活性を行うことができるということです。

また新卒採用をすることで先輩たちの意識も変わってきます。

先輩と後輩という上下関係の中で後輩を育てる、先輩をうやまうといった人に対するマネジメントを行うことができるようになるのです。

社内の縦のつながりや横のつながりに対して社内活性を行うことができるということです。

新卒者の新しい視点や発想を企業は取り入れて活かすことができるチャンスも生まれます。



そのポテンシャルを引き出すためにも企業は人材育成に力を入れることになります。
人材も計画を立てて育成しなければなりません、今の経営幹部はいつまでもそのポジションに居続けられるわけではありません。


将来の幹部候補を育成しなければならないということです。
また現場での戦力確保と企業経営の上で必要な人材を明確にしてそのポジションにあった人材を確保することが必要です。



このように新卒採用を行うことで企業文化を継承させる、新たな幹部候補や人材の確保、社内活性化とメリットはとても大きいのです。